2015/10/03

フランス一人旅 〜シェルブール〜


夏の終わりにある機会に恵まれて、フランスへ一人旅に行ってきました。


今回は映画の撮影地を巡る!とテーマを決めて、大好きな映画、『シェルブールの雨傘』、『ロシュフォールの恋人たち』の撮影地、CherbourgとRochefortへ。


モンサンミッシェルがシェルブールからそう遠くなかったので、シェルブール-モンサンミッシェル-ロシュフォールを3日間でまわるスケジュールにしました。


CDG空港へ到着するのは夕方だったので、事前にモンパルナス駅近くのホテルを予約。



モンパルナス駅まではエールフランスバスで。
早速街の景色が思い描いていたパリそのままでテンション上がりました。

ホテルからは事前に調べていた道をたどってホテルに到着。








Hôtel Delambreというところを予約したのですが、駅からほど近くてリーズナブル、綺麗で意外と広くて、一人旅にはおすすめです*


次の日は早朝にチェックアウトしてメトロに乗ってサンラザール駅へ。

ここからシェルブールまでTGVへ向かいます。


ハリーポッターみたいなホーム。
早朝すぎてまだ暗い・・・


時間があったので外から駅を見てみたけど、これは本当に駅?ってくらい芸術的。




朝ごはんにと駅で適当に買ったクロワッサンが美味しかった~♡
確か1ユーロくらいだったかな。

milkaも大好き!どこでも売っててしあわせでした。日本じゃなかなか買えないもの…



そしてついに、シェルブールへ到着。



見覚えのある、ジュヌヴィエーヴが兵役に行くギイを見送ったホーム。


この時点でもう、わあ~!とテンションが上がったのですが、さて街に行こうとしても道がよく分からず、雨は強くなるしとても寒いし、変なおじさんに付きまとわれてしまって、かなり疲れてしまいました、、
(結構やばめなムッシューでしてノン!と叫びながら全力ダッシュして逃げたよ。。笑)





これはいけないと自分の現在地と目的地を確認するために、カフェでひとやすみ。(アン・ショコラショー・スィルヴプレを初めて使った!)






そしてついに!
街の中心地から少し裏へ行ったところに、ひっそりと、だけど明らかに違う雰囲気であの雨傘店はそこにありました。


外装は映画のときから全く変わっていなくて、今にもあの頃のドヌーヴがお店から出てきそう。

パッチワーク・ブティックになったと聞いていたけれど、今は何のお店でもないみたいで、ショーウィンドウには映画の広告がありました。


このお店がある道を少し進むと、





劇中でも象徴的に移された港が、、!
自分が映画でみてきたあの港沿いを歩いていると思うと、すごく不思議な気持ちになりました。


港に沿ってまっすぐ進んで歩き続けると、見えてきたのはトリニテ聖堂。




入口を右に曲がったところに扉があり、そこから中へ。



(暗くてカメラ技術も酷かったので、ブレブレですみません・・)


ジュヌヴィエーヴとカサールが結婚式を挙げた聖堂は神聖で厳かな雰囲気でした。
少し気後れしてしまったので、すぐに出てきちゃいましたが、、


それから聖堂を後にして、ぶらっと街を見学しながら駅へ戻りました。



観光客も多く訪れるという映画を意識した雨傘店や
劇中でギイの兵役が決まった時行かないでとジュヌヴィエーヴが引き止めたカフェ(正直あまりよくわからなかった…)



ずっとなかなか強い雨で辛かったのですが、こんな可愛い裏道とかもありました*






Cherie
Cherie

This is a short biography of the post author. Maecenas nec odio et ante tincidunt tempus donec vitae sapien ut libero venenatis faucibus nullam quis ante maecenas nec odio et ante tincidunt tempus donec.

0 件のコメント:

コメントを投稿

featured Slider