スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フランス一人旅〜アメリ、マリー・アントワネット〜

去年夏に行ったフランス一人旅の記事の続き。

フランスには10日間いたのですが、そのうち初めの3日間は前回までの記事に書いたシェルブール、モン・サン・ミッシェル、ロシュフォールをまわり、残り1週間はパリで過ごしていました。 パリでは、映画の撮影地巡りはもちろん、美術館巡りや、ずっと行ってみたかったカフェや古着屋さんを巡ったり、蚤の市に行ってみたりと、毎日バタバタとやりたいことの消化に楽しく追われていました。笑


今回はパリで行った、「アメリ」と「マリー・アントワネット」の撮影地について書きたいと思います。



*アメリ/モンマルトルの丘
アメリはパリ18区、モンマルトルの丘が舞台の物語。
この日はお昼前に滞在していたアパルトマンを出発して、モンマルトルの丘のてっぺんにあるサクレ・クール寺院へ。



観光客の数がすごくて、寺院の中を見学するのに意外と時間がかかってしまいました。意外だったのが、日本人の姿はほとんど見なくて、韓国人の女の子2人組を多く見かけました。


モンマルトルの丘から眺めるパリの街は本当に広々としていて、パリの建物が低いからか空が広く感じて、とても清々しかったです。ここでハープを演奏しているムッシューがいて、それもまた雰囲気と相まって…♡


これ聞こえるかな、初めて動画を載せてみました。


サクレクール寺院の後は、モンマルトルの丘を下っていき、アメリの働いていたカフェ、Café des Deux Moulin(カフェ デ ドゥ ムーラン)へ。




ちょうどアメリのポスターが飾ってある席の近くに座れました。

ここではお決まり、クレームブリュレを注文。


アメリと同じように、スプーンの背中でカラメルをパリパリと割りながら食べました。
クレームブリュレはもちろんとっても美味しかったのだけど、それ以上に、映画と同じカフェで同じクレームブリュレを食べている、このシチュエーションがたまらなかったです、、(*´ー`*)



こちらはお手洗いでの1ショット。
たくさんのアメリグッズが飾られていました。
こちらのカフェに行った方は、是非お手洗いにも行ってみてください^^


*マリー・アントワネット/ヴェルサイユ宮殿
マリー・アントワネットを題材にした映画はいくつかあると思いますが、ガーリー好きはまずソフィア・コッポラ監督のものを思い浮かべるんじゃないでしょうか。
かくいう私も初めてあの映画を見た時の衝撃は忘…

最新の投稿

フランス一人旅〜ロシュフォール〜